イメージ画像

総量規制とは?

総量規制とは、個人の借入総額が、原則として年収等の3分の1までに制限される仕組みのことです。貸金業法の改正により、平成22年6月18日に総量規制が導入されました。

年収の1/3を超える借入れができなくなる

個人向け貸付けにおいて、その人の年収等の3分の1を超える貸付けをすることが原則禁止されました(年収等とは、個人の年間の給与およびこれに類する定期的な収入の金額を合算した額のことです)。
複数の貸金業者から借入れがある場合は、全て合算した金額が、年収等の3分の1を超えるかどうか審査します。

年収の1/3を超える借入れができなくなる例

例えば、年収300万円の方に貸金業者が貸付けることができる金額は、100万円が上限となります(複数の貸金業者から借入れがある場合でも合計100万円が上限です)。年収等の3分の1を超える借入れがある場合は、貸金業者は原則として新たな貸付けを行いませんので、借入額が年収等の3分の1以下になるまで貸金業者からの借入れは制限されることになります。

専業主婦が夫に内緒で借りられなくなる

総量規制は原則として個人ごとに年収等の3分の1を基準としますが、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付けが、配偶者貸付けという制度で認められています。 この配偶者貸付けにおいては、配偶者の同意と配偶者(夫婦関係)であることを証明する書類が必要になりました

専業主婦が夫に内緒で借りられなくなる例

例えば、夫の年収が250万円、妻の年収が50万円の場合、妻は夫(配偶者)の年収と併せて、300万円の3分の1、すなわち上限100万円の借入れが可能ですが、夫の同意と住民票など夫婦関係を証明する書類の提出が求められます。また、この場合、妻が100万円の借入れをすると、夫は貸金業者からの借入れが制限されます。

次の項目に当てはまるかどうかチェック

  • すでに貸金業者から年収の1/3を超える借入れがある
  • 複数の貸金業者からの借入れがあり、合算すると年収の1/3を超えていそうだ
  • 夫に内緒でキャッシングをしている
  • キャッシング枠が縮小した、なくなった
  • 毎月の返済額を減らしたい、できればなくしたい

上記に該当する人は、以下の対処法を検討してください。

どう対処すればよいのか?

対処法 評価(5段階) 詳細
総量規制のかからない借入先 ☆☆☆☆☆ 総量規制のかからない銀行ローンを利用します(毎月の返済額・利息も減ることが多い)。ただし、自分にあった銀行を選ぶことが大切です。
債務を整理する ☆☆☆☆ 借金生活とはおさらばします。過払い分を取り戻す、すべて借金をチャラにするなど、債務を整理する方法にもいくつかの種類があります。
ヤミ金に借りる 法律の保護が及ばない世界です。上記二つのいずれかを選ぶのが先決です。

総量規制の対象となるのは、消費者金融・クレジットカードなど個人にお金を貸す専門の「貸金業者」。『銀行』は貸金業者ではありませんので、総量規制がかかりません。そこで、今後も借り続けたい、複数の債務を一本化したいという人は、銀行のローンがお勧めです。

過去の過払い利息を取り戻したり、自分の債務を整理して借金を減額・消滅させたい人は、専門家に依頼して債務の整理をすればよいでしょう。抱いているイメージほど、デメリットは多くありません。

いずれにせよ、ヤミ金のお世話になることは避けましょう。

具体的な対処先・解決先

銀行ローン《給与所得者対象》

  • 東京スター銀行

    【利息】年利1.2%~14.8%(保証料年1.2%相当を含む)(約定金利 年4.6%~13.6%)
    【限度額】融資限度額30万~1000万円
    【特徴】TVCMで「おまとめローン」を世に知らしめた東京スター銀行「おまとめローン」。
    【審査可能対象】年収200万円以上の給与所得者

  • オリックス信託銀行

    【利息】金利5.9~13.5%
    【限度額】融資限度額最大500万円
    【特徴】最長返済期間8年、「低金利」「融資額大きい」「返済期間にゆとりがある」と3拍子揃ったおまとめローン。
    【審査可能対象】前年度税込年収500万円以上の給与所得者

  • 最新データ活用!おまとめローンナビ

    おまとめローンナビでは、おまとめローンに重要な項目を洗い出し、6つの視点でピックアップ。掲載商品から金利などの融資条件が比較でき、あなたに合った借入れ先をナビゲートしてくれます。

銀行ローン《すべての方対象》

  • 楽天銀行スーパーローン

    【利息】年利4.9~14.5%
    【限度額】最大限度額500万円
    【特徴】「おまとめ・借り換え」での利用にも積極的なことで知られており、利用限度額が500万円の場合は上限金利も7.8%とまさに「おまとめ」向きの銀行カードローン
    【審査時間】最短即日

    【審査可能対象】年収300万円以上が目安
    ・満年齢20歳以上60歳以下の方
    ・日本国内に居住している方
    ・毎月安定した定期収入のある方 
    ・保証会社である楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方
     ※専業主婦・学生の方は、お申込みいただけません。
     ※すでに「マイワン」「スーパーローン」をお持ちの方は、お申込いただけません。
     ※6ヵ月以内の複数回にわたるお申し込みはできません。

債務整理等

  1. 過払い請求

    払いすぎたお金(利息)を返してもらう方法。払いすぎた分が多ければ、今の債務がなくなることもあります。何年にもわたって借りたり返したりを繰り返していれば、まず過払い分があると思って間違いありません。相談は無料。まずはWEBで相談してみましょう。

  2. 任意整理

    借金を減額してもらって支払い続けていく方法。利息の再計算で借金が減りますし、未払い利息・遅延損害金・将来の利息も支払う必要がなくなります。今までの取立ては、専門家に依頼した時点で止まります。相談は無料。まずはWEBで相談してみましょう。

  3. 自己破産

    借金をチャラにする方法。裁判所への申立てが必要となりますが、今までの借金は帳消しになります。相談は無料。まずはWEBで相談してみましょう。

  4. 個人民事再生

    借金を減額してもらって支払い続けていく方法。裁判所への申立てが必要となりますが、任意整理より借金の額が減る可能性が高まります。

  5. 特定調停

    借金を減額してもらって支払い続けていく方法。裁判所への申立てが必要ですが、手続きにかかる費用が安いのが特徴です。専門家に依頼する必要がないかわりに、業者との合意が成立しなければなりません。また、過払い金があったとしても回収できません。

このページの先頭へ